日焼け止めを選ぶ

日焼け止めを効果的に使用するためには、日焼け止めをしっかりと選ぶのがポイントになってきます。以前よりも日焼けを気にする方が増えて来ているので、各メーカーから沢山の日焼け止めが販売されておりますので、その中から自分にぴったり日焼け止めを選ぶ必要があります。

日焼け止めを選ぶ際にポイントとなってくるのがSPF値です。このSPFは、サンプロテクションファクターの頭文字を使った略称で、UVBという紫外線B波の防止効果の値となっております。このSPFの値は1から50で表されており、SPFの数値が高ければ高いほどUVBを防止する効果が高くなっております。例えばSPFが30という数値の根拠は、通常の紫外線によって日焼けする量の三十倍の量まで防御する事ができる値になります。

SPFが高ければ高いほど紫外線を防御する事ができますので、つい選びがちになってしまうと思いますが、あまり強力な数値の日焼け止めを選んでしまうと、肌への負担が強くなってしまいますので、肌荒れの原因にも繋がってしまいます。特に敏感肌の方であったり、生理中などで体内サイクルが乱れているような方の場合には、赤みがでたり痒くなってしまったりしますので、出来るだけ自分に合った日焼け止めを使用する必要があります。

コンテンツ

効果的な塗り方

日焼け止めを選ぶ

日焼け止めの塗り直し