効果的な塗り方

日焼け止めの効果的な塗り方のコツは、しっかりと下地を整える事です。丁度ファンデーションを塗る時に下地を整えるのと同じようなイメージで、しっかりと下地を整える事によって、効果的に肌から紫外線を避ける事ができるようになります。下地を整えると、同じ量の日焼け止めを塗った後も日焼け止めが落ちにくくなりますし、ムラがない状態でしっかりとまんべんなく塗布する事ができます。

日焼け止めを塗る前に行う順番としては、最初に化粧水や美容液をたっぷりと塗布し、肌をしっかりと保湿する事が重要になります。この段階で角質に乱れがあると上手に塗る事ができませんので、少し時間をかけてしっかりと塗布するようにしてください。

肌が整ったらようやく日焼け止めを塗布するのですが、この時に最初から大量の日焼け止めを手のひらに出して塗るとムラが出てしまいやすくなっておりますので、最初は少量ずつ塗るようにしてください。また、意外に勘違いしている方に多いのが、日焼け止めは基礎化粧品のように肌に浸透させるのが目的ではありませんので、何度もすり込むような事をしてしまうと日焼け止めの効果が落ちてしまいますので要注意です。最初は薄く全体的に塗布できたら、再度同じように塗布し、二重に日焼け止めでコーティングすると初心者の方でも効果的に塗布する事ができます。

コンテンツ

効果的な塗り方

日焼け止めを選ぶ

日焼け止めの塗り直し